医院名:小石医院 住所:〒604−0094 京都市中京区釜座通竹屋町下る亀屋町335番地 
電話番号:075−231−3419

プラセンタ注射・白玉注射・ビタミン注射・にんにく注射・ホルモン注射

美白、肌荒れにプラセンタ注射・白玉注射・ビタミン注射

美白、肌荒れに、プラセンタ注射プラセンタとは、哺乳類の胎盤のことです。胎児が発達するための多くの栄養を含み、さまざまな美容・健康促進効果が期待できます。アミノ酸をはじめとする多種の成分が、新陳代謝の活発化、リンパの流れの改善、コラーゲンの再生、メラニンを産生する酵素の作用の抑制を促します。
当院では、ヒト由来の胎盤を使用した、プラセンタ注射を行っております。プラセンタ注射は、肝炎・肝硬変の治療においては、健康保険が適用されます。

白玉注射は、3つのアミノ酸(グルタミン、グリシン、システイン)で構成されているグルタチオンを主成分とした注射で、強力な抗酸化作用でメラニン生成を抑制し、美白効果が期待できる注射です。

ビタミン注射は、お肌のハリと潤いを保ち、メラニンを減らし、美白効果が期待できるビタミンCを注射します。

プラセンタ注射の期待できる効果

期待できる効果

  • 美白効果
  • シミ、シワの改善
  • 肌荒れの改善
  • 滋養強壮
  • 疲労回復
  • 血行促進
  • 肩こり、腰痛の改善
  • 便秘の改善
  • アトピー性皮膚炎
  • 花粉症の症状抑制
  • 基礎代謝の向上
  • 免疫力の向上
  • 生理痛の緩和、生理不順の改善

など

白玉注射の期待できる効果

  • 美白効果
  • シミ、そばかす、肝斑の予防
  • 慢性疲労回復
  • 抗アレルギー作用
  • 肝機能改善
  • 体内のデトックス

など

ビタミン注射の期待できる効果

  • 美白効果
  • シミ、そばかすの改善
  • ニキビの改善
  • 疲労回復
  • 髪質改善

など

プラセンタ注射の通院目安

下記表は、疾患に対する通院期間と通院頻度の目安です。

疾患名 通院期間 通院頻度
肝炎・肝硬変 ※健康保険適用 1年 重症度に応じて週1~3回。
更年期障害、乳汁分泌不全 3か月 週1~2回
アトピー性皮膚炎 半年 週1~2回
慢性関節リウマチ 1年 週1回。重症の方は週2回
膠原病 1年以上 週1回
生理痛・生理不順 3か月 週1~2回
気管支喘息 半年 週1回。重症の方は週2回
滋養強壮、体質改善、風邪予防 1~2か月 任意
肌荒れ 1~2か月 任意
腰痛、肩こり等 1~2か月 週1~2回
自律神経失調症 1~2か月 週1~2回

プラセンタ注射・白玉注射・ビタミン注射の費用

プラセンタ注射(1アンプル):1,000円(税別)
白玉注射(600mg):3,900円(税別)、(1200mg):6,900円(税別)
ビタミンC注射(2g)/アンプル:1,000円(税別)

滋養強壮に、にんにく注射

滋養強壮に、にんにく注射ビタミンB1を主成分としており、ニンニクのエキス等が入っているわけではありません。
お仕事でお忙しい方、プロスポーツ選手、芸能人の方も多く利用されています。

期待できる効果

  • 疲労回復
  • 肩こり、首筋のこりの改善
  • 倦怠感の緩和
  • 冷え性の改善
  • 行促進
  • 食欲不振の改善

にんにく臭くならないの?

主成分であるビタミンB1内の硫黄により、注射をするときには「ニンニクのような」においがします。ただその後すぐににおわなくなります。吐息や汗がニンニクくさくなるということはありませんので、お仕事の合間に注射を受けていかれる方もいらっしゃいます。

にんにく注射の費用

にんにく注射(1アンプル):1,000円(税別)

ホルモン注射

関西GIC(gender identity clinic)ネットワークと連携し、診断のついた性同一性障害の方々に、ホルモン注射を実施しています。FTM、MTF両方に対応しています。特に希望がなければ、主に、内科男性医師が対応いたします。
適宜、全身管理のお手伝いをします。必要に応じて、ホルモン値のフォローも致します。
心療内科は、行っていませんので、カウンセリングが必要な方は、専門医をご紹介いたします。

ホルモン注射の費用

ホルモン注射(性同一性障害)実費、保険点数分
お電話でのご予約お問い合わせ 075-231-3419 24時間WEB予約
一番上に戻る